シラバス参照

印刷
講義名 生命倫理学
(副題) 博士
講義開講時期 通年 講義区分 講義
基準単位数 2 時間 0.00
代表曜日 代表時限

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 室寺 義仁医療文化学講座(哲学)


学習目標(到達目標) 生命倫理の基本原則について、特に人間を対象とする医学研究の倫理的原則の中で謳われる、人にとっての「尊厳と全体性」(『ヘルシンキ宣言』9条) について理解を深めることを目標とする。
授業概要(教育目的・準備学習・事後学習・履修要件等) 人の尊厳の理解に係わる倫理的諸問題を、特に日本文化における人と人との関係性の視点から、自己の統一性と他己との繋がりの関係性において考察する。
「ヘルシンキ宣言」(Declaration of Helsinki, 1964-2013)並びに「患者の権利に関するリスボン宣言」(Declaration of Lisbon on the Rights of the patient, 1981–2015)を予め再読しておくことが望ましい。講義終了時に、レポートの課題が提示されるので、その課題に取り組むことを通じ、生命倫理について、受講生各自の考えを深めることを目的とする。
授業形式・授業形態 講義
成績評価方法(成績評価基準を含む) 出席とレポート提出による総合評価
テキスト(教科書等) テキストはない。講義の中で、参考論文、図書などを紹介する。