国立大学法人 滋賀医科大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 生涯発達論
Lecture name 看護学科(H31編入)
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 30.00
代表曜日 水曜日 代表時限 3時限

担当教員
職種氏名所属職種氏名所属
准教授◎ 小島 隆次医療文化学講座(心理学)   

対象学科/学年
学科学年
医学部看護学科編入 ~ 医学部看護学科編入3 年 ~ 3 年

学習目標(到達目標) 本授業は、乳幼児期から高齢期までの人の発達過程や変化の諸相に関する発達心理学における基礎知識を習得することを第一義とします。また、受講生が本授業で課される様々な課題を適切にこなすことで、論理的に考え、批判する能力が養われ、習得した知識を日常生活でどのように応用していくのかを考えられるようになることも目指します。

そして、上記目標の達成に伴い、結果的に受講生が以下の目標を達成できるようになることを学習目標とします。

1.発達心理学諸分野の基礎知識を身に着けること
2.発達心理学諸分野の基礎知識を様々な日常の場面で活用する態度を身に着けること
3.様々な事象に対して、批判的・発展的に考える態度を身に着けること
授業概要(教育目的) 本授業は、人の生涯発達という視点を加味して、発達心理学において扱われる主要なトピック(個々のテーマなどについては授業スケジュールを参照してください)を幅広く教授します。また、授業を受講することで、受講生が論理的に考え、批判する能力を養いつつ、論理的・批判的思考と日常における人の思考・行動特性との関係性について考察する契機を得られるようにしたいと思います。
授業内容 授業内容は以下の授業計画表の各授業における内容を参照してください。基本的には、一般的な生涯発達論や発達心理学分野で扱われることの多いトピックを紹介する内容になります。
授業計画表
生涯発達論  
年月日(曜日)時限担当教員項目内容教室
第1回平成31年04月10日(水)2時限小島 隆次初回ガイダンス本授業の受講方法や基本方針などを説明。看3
第2回平成31年04月17日(水)2時限小島 隆次発達理論概説心理学における発達概念と代表的な発達理論を概説。看3
第3回平成31年04月24日(水)2時限小島 隆次遺伝と環境心理学や行動科学分野における遺伝や環境の扱いについて概説。 看3
第4回令和 1年05月08日(水)2時限小島 隆次乳幼児期の認知能力胎児期を含め、乳幼児期の認知能力の発達的変化について概説。看3
第5回令和 1年05月15日(水)2時限小島 隆次児童期の認知能力児童期の認知能力の発達的変化について概説。看3
第6回令和 1年05月22日(水)2時限小島 隆次中間まとめ第2~5回までの授業内容のまとめを受講生との質疑応答を中心に行う。看3
第7回令和 1年05月29日(水)2時限小島 隆次乳幼児期の社会性乳幼児期の他者との関わり方の発達的変化について概説。看3
第8回令和 1年06月05日(水)2時限小島 隆次児童期の社会性児童期の他者との関わり方の発達的変化について概説。看3
第9回令和 1年06月12日(水)2時限小島 隆次中高年期の認知能力中高年期における認知能力の変化について概説。看3
第10回令和 1年06月19日(水)2時限小島 隆次中高年期の社会性中高年期における他者との関わり方の変化について概説。看3
第11回令和 1年06月26日(水)2時限小島 隆次青年期の諸問題青年期において見られる自我同一性の問題や他者・社会との関わりに関する心理的問題について概説。看3
第12回令和 1年07月03日(水)2時限小島 隆次発達障害とパーソナリティ障害発達障害及びパーソナリティ障害とその発達的特性について概説。看3
第13回令和 1年07月10日(水)2時限小島 隆次死生観生死の意味づけの意味について考える。看3
第14回令和 1年07月17日(水)2時限小島 隆次振り返り第13回までの授業内容の履修状況確認を履修確認課題によって行う。看3
第15回令和 1年07月24日(水)2時限小島 隆次全体のまとめ授業全体のまとめを受講生との質疑応答を中心に行う。看2
授業形式 授業は基本的にパワーポイントを利用したプレゼンテーション形式です。但し、テーマによっては画像・音声・動画による資料の視聴、デモや問題解決課題を授業内課題として行っていただくことがあります。また、webシステムを利用した課外課題も適宜出します。授業中のデモ、問題解決、質疑応答等の授業内課題や、課外課題等への取り組みについては、単位の認定及び評価時の資料とします。

 本学学生の多様な知的背景や自主学習の便宜なども考慮して、本授業の受講形態には講義型とweb型の二種類が用意されており、受講生はいずれの方法も自由に選択できます。無論、どちらか一方の型を常に選択する必要はなく、個々人の裁量において自由に適宜選択できます。もちろん、両方の形式で受講することも可能であり、授業担当者としては両方の形式での受講を勧めます。また、授業に必要な情報は全てwebで提供しますので、受講予定の学生は、必ず授業用webサイトのIDとパスワードを取得して下さい(IDとパスワードは初回ガイダンス時に知らせます)。
 いずれの受講形態を選択しても単位認定に際して不利益が生じることはありません。受講形態に関する詳細などは、初回ガイダンスで説明しますが、授業webサイトで配布される授業ガイドも参照して下さい。
評価方法 評価は、単位認定と単位評価の二段階で行います。

 まず、単位認定は、履修確認課題の成績(100点満点)、授業内容をまとめるレポート課題(15点満点)、課外課題(15点満点)に基づいて行います。各課題の詳細については、授業中の説明や授業ガイド等の授業時に配布される資料を参照して下さい。

 各課題の得点を以下の式で全体として100点満点に換算し、その得点で単位認定を行います。60点以上で認定となります。

(レポート課題得点+課外課題得点)+履修確認課題得点×(100-(レポート課題得点+課外課題得点))÷100=単位認定のための素点

 次に、認定された単位に対して相対評価を行い、これを最終評価とします。認定された単位に対する評価については、授業内課題への参加状況なども考慮します。

 評価方法の詳細等については、初回授業(ガイダンス)及び授業用webサイトで配布する授業ガイドでより詳細に説明しますので、受講予定の方は、初回授業に参加するか、授業ガイドを必ず手に入れてください。
テキスト 特に指定しない。修学に必要な資料は全てwebで配布します。
参考文献 配布資料やwebにて適宜示します。