国立大学法人 滋賀医科大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 人間科学総論
Lecture name 看護学科
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 30.00
代表曜日 水曜日 代表時限 2時限

担当教員
職種氏名所属職種氏名所属
教授◎ 室寺 義仁医療文化学講座(哲学)准教授小島 隆次医療文化学講座(心理学)
教授兼重 努医療文化学講座(文化人類学)   

対象学科/学年
学科学年
医学部看護学科編入 ~ 医学部看護学科編入3 年 ~ 3 年

学習目標(到達目標)  哲学・倫理学、文化人類学、行動科学の各視座から、家族道徳・人生哲学、東アジアにおける諸民族文化と伝統社会、そして、現代社会におけるコミュニケーション論やパーソナリティ論に至るまで、「人間」に係わる諸科学において明らかにされてきた学的な知見を学ぶことを通じて、「人間」を多角的に分析しながら幅広く深く「看」ることのできる学習能力を身に付ける。
授業概要(教育目的)  人文科学、社会科学の研究成果を学ぶことによって、幅広い教養を身に付けることを一つの目的とする。
 もう一つの目的は、緩和医療の現場を学び、医学科生と看護学科生、並びに、他大学の教員や実践的な宗教学を学ぶ大学院生や宗教家などとのグループ討議を通じて、医療関係者以外の多職種の人々によって構成される医療チームの姿を想像できる柔軟な思考力を身に付けることである。この目的達成に向けての授業として、11月12日(月)午後第3時限目から第5時限目の授業を展開する。この授業は、看護学科生(「人間科学総論」)と医学科生(「医の倫理Ⅲ」)の合同講義として計画している。また、学外からの多職種の(ボランティア)参加者も募る予定であり、この意味では、学外者との合同講義ともなる予定である。緩和医療の現場での諸事例について講義を受けた後、グループに分かれて討論を行う。そして、検討結果についての各グループからの発表と全体での討議を行った上で、事例考察のまとめを行う。


授業内容 (1) 「人間」観について学ぶ(担当: 室寺教授、4回)
 「人間科学」(Human Sciences)は、人の文化を学問の対象とすると言うよりも、人そのものを対象とする諸科学を総称します。果たして、古来、人は人の全体像を如何に観て来たのでしょうか。古典文献を参照しながら考えて行きます。
(2) 「風水」からみた東アジアの社会と文化(担当: 兼重教授、4回)
 中国大陸に源を発する「風水」は、日本本土をはじめとして、沖縄、朝鮮・韓国、台湾、香港など、東アジア諸国(地域)にも大きな影響を与えてきました。本講義では「風水」をキーワードに、東アジア諸国(地域)の社会と文化について考察します。
(3) 人の情報処理特性(担当: 小島准教授 4回)
  全4回の講義では、人の「認知特性」や「パーソナリティ」に関するテーマを中心に扱います。出席を前提にして、講義内での双方向のやりとりなどを重視します。
(4) 緩和医療の現場から学ぶ臨床倫理(担当: 早島名誉教授、長倉講師、室寺教授、11月12日(月)午後3コマの医学科生並びに学外者との合同講義)

授業計画表
人間科学総論  
年月日(曜日)時限担当教員項目内容教室
第1回平成30年10月10日(水)1時限室寺 義仁インド・古典的人間観察 「梵我一如」という観方と、
仏教的「無我」観、あるいは、人生哲学
看2
第2回平成30年10月10日(水)2時限室寺 義仁中国・古典的人間観察 道家の「万物斉同」という観方・道徳哲学と、
儒家の「仁愛」の教えからの観方・家族道徳
看2
第3回平成30年10月17日(水)1時限室寺 義仁日本・古典的無常観日本人にとっての「悲しみ」と「無常」観看2
第4回平成30年10月17日(水)2時限室寺 義仁人間観察についてのまとめ医療の原点としての「人を愛する」ことについて看2
第5回平成30年10月24日(水)1時限兼重 努日本の風水日本本土および沖縄の風水の特徴について看2
第6回平成30年10月24日(水)2時限兼重 努中国の風水①中国の村落風水について看2
第7回平成30年11月07日(水)1時限兼重 努中国の風水②中国の墓地風水について看2
第8回平成30年11月07日(水)2時限兼重 努中国の風水③中国の風水闘争について看2
第9回平成30年11月12日(月)3時限室寺 義仁
早島 理
臨床倫理緩和医療の現場から学ぶ臨3
臨2
第10回平成30年11月12日(月)4時限室寺 義仁
長倉 伯博
臨床倫理事例についての講義とグループ討議臨3
臨2
第11回平成30年11月12日(月)5時限室寺 義仁
長倉 伯博
臨床倫理グループ発表と全体討議臨3
臨2
第12回平成30年11月14日(水)2時限小島 隆次集団での問題解決と意思決定集団で行う問題解決と意思決定に見られる人の認知特性について看2
第13回平成30年11月28日(水)2時限小島 隆次説得的コミュニケーション説得や交渉場面での人の認知特性について看2
第14回平成30年12月05日(水)2時限小島 隆次パーソナリティ理論パーソナリティに関する基礎事項について看2
第15回平成30年12月12日(水)2時限小島 隆次パーソナリティの測定方法パーソナリティの測定方法について看2
授業形式 講義形式。
担当教員によって異なりますが、毎回プリント類を配布しながら講義を進めます。
視聴覚機器も授業内容に応じて適宜使用します。
評価方法 出席を重視するとともに、3名の授業担当・専任教員、並びに、合同講義担当教員それぞれがレポート課題を出しますので、その全レポート総合点で成績評価を行います。当該授業科目全体を通じての期末筆記試験やレポート試験は実施しません。
テキスト 教科書は使用しません。参考文献は講義の中で、各教員から紹介します。