滋賀医科大学 医療人育成教育研究センター

 

設立にいたる経緯

本学の教育目標である「豊かな教養を身につけ、医療人としての高い倫理観を養う」を実現するため、平成9年に全学的な組織として「総合教養教育機構」を設立しました。

総合教養教育機構は、これまでの教養教育を医学科においては6年一貫、看護学科においては4年一貫教育として全体的な見直しを行い、医学科は平成12年度に、看護学科は平成15年度に大幅なカリキュラム改正を行いました。従来の教養科目を専門科目の位置づけで高学年に配置したもの、逆に従来の専門科目を低学年に配置したものもあり、また、教養科目担当教員と専門科目担当教員が相互に連携して担当する科目も誕生しました。

更に総合教養教育機構は、カリキュラムの再編のみならず、平成13年度に行なった基礎学課程の学科目制から大講座制(生命科学講座・医療文化学講座)への改組・再編にも、大きく貢献しましたが、法人化に伴う大幅な見直しの中で、総合教養教育機構は発展的に解消され、従来の教育等に関する各種委員会の大半も廃止されました。これに伴い、平成16年度からは、学内教育研究施設としての位置付けで、入学前から在学中及び卒業後を通して教育の実施体制・内容・成果ならびに学生支援など教育全般に関する事項を調査・分析し、社会に貢献できる良質な医療人を養成することを目的として、新たに「医療人育成教育研究センター」を設置したものです。

センターの概要

当センターは、入試方法検討、学部教育、大学院教育、調査分析、教育方法改善および学生生活支援の6部門と、生涯学習支援の1室で構成し、学生生活支援部門の下に障害学習支援、里親学生支援の2室を設置しています。

部門(室)長の下にはそれぞれ数名の部門職員(助教授等を含む)を配置し、従来、各種委員会が行っていた審議のみならず、決定事項の実施についても各部門が責任を持つこととしました。

各部門および室は、必要に応じて特定事項を審議・実行するワーキンググループ(WG)を組織し、迅速で効率的な運用を図ることにしています。また、いくつかのWGには数名の学生を参加させており、直接、学生の意見を聞き、共に考える場としています。

センター概要図

>>> 「運営委員会」の審議事項及び「部門」、「室」の業務